• 犬の食糞

    犬の食糞で困ったことってありませんか?

    意外と多いと思います。

    私のところにも相談が来ることはよくあります。

    実はこの犬の食糞って原因がよくわかっておりません。

    なので、対応方法もそれぞれの犬で違ってきたりもします。

     

    しかし、そのいろいろある原因の中でも一番大きな原因と言われているのが、糞に栄養素が残っていて、犬はそれをもう一度食べることによって、栄養素を吸収しようとしているっていうのが大きな原因です。

    これが一番有力な説かもしれません。

     

    これなら、すべての犬の行動が納得できますよね。

    しかし、これは衛生的にもあまりにもよくありません。

    これを続けていると、いつかほかの病気になる可能性があるので、即刻やめさす事をオススメします。

     

    犬の食糞をやめさせる為に一番いい方法は、サプリメントを使うっていうことです。

    犬の栄養素を完全に除去できれば、犬も食糞をやめるかもしれません。

    今から、紹介するサプリメントを使うとものすごい確率で、その栄養素をキチンと消化してしまうようになります。

    詳しくは以下のサイトにかいているので、参照してみてください↓
    http://犬食糞.com/

     



  • 犬の便秘

    犬にも人間と同じように便秘になる場合があるんです。

    特に、ドライフードを多く食べさせている場合には、危険です。

    人間は加熱してものばかり食べていると酵素という成分が不足してしまって、いくら野菜をしっかりと食べて、運動しても便秘になります。

     

    やはり、ちゃんと生のものを食べる必要があるんです。

    生といっても、野菜や果物などで十分です。

    これらをとることににより、便秘が解消したっていう人はたくさんいます。

     

    逆に便秘の原因が、この酵素不足の場合に、いくら他の対処をしても便秘が解消するっていうことはないのです。

    しっかりと酵素をとる必要があるのです。

     

    この便秘解消に必需品である、よく似たような栄養素として、「乳酸菌」っていうのがあります。

    この乳酸菌っていうのは有名なので聞いたことあるとおもいます。

    そうです。この乳酸菌も犬の便秘解消法として必須な栄養素となるのです。

     

    特に老犬の便秘解消には乳酸菌は必須ですね。

    犬の場合にはこの乳酸菌を取るのが非常に難しいです。

    人間の場合には効果的に乳酸菌を摂取できる食品がたくさんあります。

    ヤクルトなんかは有名ですよね。

    このヤクルトを飲むだけで人間の場合には乳酸菌を摂取できます。

     

    しかし、犬にヤクルトはよくありませんので、ダメです。

    なので、犬の便秘解消法として有効なものには乳酸菌が含まれているドッグフードが一番有効です。

    ドッグフードなら毎日食べるので、ちゃんと吸収されます。

    やはりたまに食べさせるくらいでは全然ダメなので、ちゃんと毎日食べさせるっていうことが必要です。

     

    老犬の場合には腹筋なども弱ってくるので、人間のサポートが必要です。

    肛門を刺激してあげたり、お腹をゆっくりを押さえてあげるなどもかなり有効ですね。

    最近の犬の寿命はすごく長くなってきています。

    これは、食べるものの変化も大きいと思いますが、人間のサポートが原因としては非常に大きいとおもいますね。

    犬も人間を信頼していますし、人間も今まで犬にはいろいろと助けられたと思います。

    だから、そんな今まで、一緒に暮らしてくれて癒してくれた、そのお礼として、最善のサポートを提供してあげましょう!



  • 犬のしつけ方法

    犬をしつける方法としては根気よくするしかありません。

    よく、叩いたりした方がイイっていう人もいます。

    しかし、それはしつけでなく、単なる強制です。

     

    だから、犬からすると叩かれるから言うことを聞いているだけなのです。

    もちろん、そんな人を犬はご主人と思ったりはしてはいません。

    逆になんとも思っていませんので、信頼関係はありません。

    せっかく、これから長いあいだ住んでいこうと思っているなら、信頼関係があったほうが絶対に楽しいですよね。

     

    なので、犬が言うことを聞かないからって叩いたりするのは絶対にNGです。

    時間がかかってでもゆっくりと教える方が、後々絶対にいい関係が築けます。

    叩いた瞬間犬と人間の信頼関係がなくなると思ってください。

     

    犬は賢い動物です。

    ちゃんと根気よく注意し続ければいつか理解します。

    短期を起こさずにじっくりと教えてみてください。

     

    それでも、若い時はイタズラはしますので、それまで目くじらを立てることなく多めに見るくらいの余裕は欲しいですね。

     

    犬との生活は楽しい反面、面倒なことがあるのも当然ですので。



  • 無駄ぼえ矯正

    犬が吠えるのはなぜか?を考えないといけません。

     

    犬は言葉をしゃべることができないんですよね。

    だから、いつも訴えたいことがあれば吠えるしかありません。

    人間でいうと赤ちゃんと一緒です。

     

    だから、吠えるにはそれなりの理由があるんです。

    一番多いのは、ビーグルなどの小型犬などは基本的によく吠えます。

    これはそういう犬種だと思ってください。

    ある程度仕方のないことです。

     

    しかし、吠える回数を抑えることはできますので、簡単に紹介したいと思います。

    それは、犬の欲求を満たしてあげることです。

     

    どういうことかというと、犬の欲求を感じてそれを満たしてあげることです。

    犬が吠えるのは欲求があるからなら、その欲求を満たしてあげれば吠えなくなります。

     

    その大事ポイントとしては、温度、不安、を取り除いてあげることです。

    犬の快適な生活温度があります。

    それを満たしてあげれば、それだけで無駄吠えをしなくなる犬もいます。

    私達人間だって、快適な温度で生活していれば、機嫌がいいでしょ。

    逆に、夏の日差しが照りつけるようなジリジリした暑い日はイライラしますよね?

     

    これは犬も同じです。

    部屋の温度が暑すぎたりしたら、イライラして意味なく吠えたりしています。

    この時に怒ってみても全然ダメですよね。

    まずはこういう不安を取り除いて行くことがまず先決です。

     

     

     



  • 犬の訓練

    犬ってみなさん、どういう感じでトレーニングしていますか?

    いろいろと困っている方もいるんじゃないですか?

    犬が全然言うことを聞かないって行って困っている方もたくさんいると思うんですけど、それは教え方が悪いだけなんです。

    犬はちゃんと教えれば、ちゃんと言うことを聞いてくれます。

     

    例えば、犬がしっぽを振っていたら喜んでいるって思っている方はたくさんいます。

    これは半分正解で半分間違っています。

    どういうことかというと、しっぽが降っていても犬は命令していることがあると言うことです。

    具体的にいうと、犬がなでて欲しい時に横に来てしっぽを振っていたら可愛いですよね。

    これが、犬の気持ちになると、『なでて欲しいなぁ』って思っている犬と、『撫でろ!』って命令している場合があるんです。

    この状態っていうのは飼い主が自分よりも下に見ている状態なので、いくらしつけてもそれはいうことを聞かないのは無理がありません。

     

    まずはこの状態をなおすことが先決です。

    なので、しっかりとリーダーシップを取って毎日生活しているとそれだけでも変わってくるので、試してください。